人気ブログランキング |

2016年 11月 28日 ( 1 )

北海道の旅 〜中国茶とおかゆと点心 奥泉編 〜

d0293004_10253275.jpg

こんにちは!寒さが厳しくなってきましたが、いかがおすごしですか?
先日、24日と25日の二日間、
札幌、小樽、そして夕張まで足を運んできました。


まずはこの旅一番の目的地「中国茶とおかゆと点心 奥泉」を訪ねました。
タクシーを降りてすぐ出迎えてくださったオーナー奥泉富士子さんの変わらない
穏やかなお顔を見た瞬間、あぁっ来れてよかった!、とおもわず口からでました〜!

席に案内いただくとすぐに、
また穏やかなお顔のご主人様より、

「エゾアムプリン」

という富良野で作られているプリンをサービスしていただきました。
d0293004_10275110.jpg


製造元の他で食べられるお店はここだけだそうです。
全ての材料が北海道原料、卵や生クリームの素材の際立つハードタイプのプリンで、
甘さが程よく子供たちもパクパクパクパク…止まりません。
見かけよりもうーんとあっさりしていて、味はとても濃ゆく、初めての感じでした。

岩茶のメニューは、熟成茶も豊富でした。
私たちは
13年小紅袍、16年鳳凰水仙と、国産ウーロン猿島茶を頂きました。
d0293004_10283753.jpg

同じ岩茶でもまた丹波ことりとは味わいが違いました。
硬い北海道の水は、しっかり熟成した岩茶にとても良く合うと思いました

また、全て手製の点心、おかゆは体の隅々まで沁みていく柔らくて透き通ったお味でした。
特に豚まんは豚肉本来の甘みを生かした味付けで、
自家製生地もふわふわでした。皆で美味しい!と感動。
聞いてみると、富良野ポークが毎日配達してもらえるそうで、

やっぱり!!

と羨ましく思いました。
d0293004_1029760.jpg



お粥もお米の特徴を生かした、とおっしゃるだけあってもちもち、ふわふわ、とろとろ・・・
どんなに遠くてもまたここにお粥を食べに来たいと思えるお味。
北海道産のもっちりしたお米を使用されているそうです。
d0293004_10293564.jpg




どのお料理も北海道の大地を思わせる豊かな味で、
大きな大地大きなこころを感じました。

そしてまた最後に感動したのがデザート、

「仙草ゼリーのパフェ」です。
d0293004_1030157.jpg



ココナッツアイスとゼリー、小豆、アクセントになるかぼちゃの種とくるみの食感のバランスが
絶妙でした。ココナッツアイスの美味しいことには驚きました。
それもそのはず、よつ葉の牛乳が一本からでも配達してもらえるそうです。
お腹の底から満たされました!


名残惜しみながらも、
翌朝お粥を食べに行きますとお約束してお店を出ます。

コツコツと情熱を持ちお仕事をされているお二人の姿が印象的で、身が引き締まる思いです。

「中国茶とおかゆと点心 奥泉」

本当にオススメです。

奥泉さんのブログやインスタグラムは、毎日朝早く更新されます。
私はアメブロを通知付きに設定して毎朝の楽しみにしています。
是非ご覧ください。


d0293004_1030313.jpg

最後にみんなでパチリ!
店主の背中には1歳の息子が眠っています。



「中国茶とおかゆと点心の日々 奥泉」
住所: 〒060-0061 北海道札幌市中央区 南1条西22丁目1−18

それでは、北海道の旅の記録、私たちの旅の反芻を共にお楽しみいただけましたら嬉しいです♪



































by kotoriblog | 2016-11-28 10:36 | ことりスタッフ日記 | Trackback