文楽へようこそ!

d0293004_225435.jpg

6月15日(日)
ことりで近松 番外編
“文楽へようこそ”開催!




人形浄瑠璃文楽座文楽人形遣い、吉田玉女さんをお迎えいたします。

昭和43年、吉田玉男(人間国宝)に入門。玉女と名乗る。伝統文化ポーラ賞など数々の賞を受賞。今年5月には日本芸術院賞を受賞し、また来年4月には二代目吉田玉男を襲名する。今最も注目される人形遣い。

内容は下記をご覧下さい!

第1部:「文楽へようこそ」吉田玉女

昨年、近松生誕360年記念公演『心中天網島』で治兵衛を遣われたご感想をはじめ、入門のきっかけから現在に至るまでの修業秘話、玉男師匠との思い出などを、インタビュー形式でお話しいただきます。首(かしら)の実演もお楽しみに。

第2部:「民藝の心」吉田玉女×柴田雅章


民藝陶器収集がお好きな玉女さんと、民藝の精神を基に丹波の地で来年作陶40周年を迎える柴田雅章さんとのトークショー。
民藝の魅力を通して伝統を継承することへの思いなどを、岩茶を楽しみながら語っていただきます。




日時:6月15日(日)午後3時〜5時
場所:岩茶房丹波ことり(兵庫県篠山市西新町18)
定員:30名
料金:4800円(岩茶2種・お茶請け・花巻3種付き)
小麦粉のおいしさをストレートに楽しめるのが花巻。花巻とは、豚まんの生地の部分だけを、美しいお花のように巻いて仕上げるもの。
トッピングやはさみ込む具によって数えきれないほど種類がありますが、今回はことり特製の花巻を3種類ご用意いたします。
テーブル席にて急須で淹れる岩茶とともに、文楽へ誘う午後のひとときをお楽しみください。


ことりで近松番外編、注目の人形遣い吉田玉女さんのトークショーとあって、急な企画にもかかわらず、早々にお問い合わせ多数いただき残席僅少となっております。


文楽全く初めてという方もご心配無用です。

全くの初心者ことりスタッフSも今からとっても楽しみにしています。お申し込みはどうぞお早めに(^ ^)
お申し込み、お問い合わせは岩茶房丹波ことりまで。
電話:079-556-5630
























[PR]
by kotoriblog | 2014-06-07 22:01 | Trackback
トラックバックURL : https://ganchabou.exblog.jp/tb/20787822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< *NEW* オススメ!岩茶 >>