ことりから見る景色

その景色は四季折々表情を変え,また1日のサイクルにおいても

飽きることなく見続けていられるような気がします。


朝の,透き通るような空。

昼間の雲間から見る青空や日差しに照らされる木々。

夕方になると,静まり返った空がより一層物悲しく感じられますが

木々のシルエットに春の蕾を発見すると,なんとも言えない気持ちになります。


先日から少しずつ日が暮れるのが遅くなりました。

桜の木にはしっかりと蕾の膨らみがあり,

いよいよ春が訪れるのを待っているのです。

ことりから見る景色。

我々スタッフは,こうしたささやかな変化を日々楽しんでいます。



最後に,心にぐっときた一枚をご紹介。

d0293004_11906.jpg


水面に移る様がまた,何とも言えません。
[PR]
by kotoriblog | 2013-01-29 11:10 | ことりスタッフ日記 | Trackback
トラックバックURL : https://ganchabou.exblog.jp/tb/17716144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ことりの外観 ことりブログ始めます。 >>