<   2017年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2・3・4月の中国茶教室、ご案内


2017年、2月からのクールも稀少な名茶が揃います。

この中国茶教室は、岩茶、珍しいお茶の数々、

そして自家製点心と菓子を、講師左能典代さんの機知に富んだお話と

丹波の作陶家柴田雅章さんの器でお楽しみ頂くひとときです。

中国茶教室の醍醐味、


「一つのお茶を皆で淹れて分け合う美味しさ、楽しさ」


を存分に味わっていただけましたら幸いです。

継続の方はもちろん、初めての方もお待ちしております。

皆様お誘い合わせの上、是非ともご参加下さいますようご案内申し上げます。



【 日程 】 2月12日(日)、3月12日(日)、4月9日


※原則3ヶ月1クールですが、席に空きがある場合は単発も可

【 時間 】 11時~13時半頃

【 受講料 】 5,000円  茶4~5種、特製点心または特製菓子

※各回受講時にお納めください。

※一週間前を過ぎてからのキャンセルはご遠慮ください。

【 定員 】 20名


2月12日(日)

○武夷山が誇る紅茶2種「正山小種」2種。ある2人の名人対決。

○黒茶の幅の広さがわかります。「古木月光白」(雲南省)

○こんなに美味しい「宋種単叢古樹」はめったに飲めません。(広東省)

○密かに渡された「名はまだない」という岩茶。


3月12日(日)

○長い歴史を生きのびた「湖紅工夫」(紅茶、湖南省)

○力強くて、そしてデリケートな緑茶です「螺毫」(福建省)

○鉄観音の産地安渓が力を入れる「色種」の個性(福建省)

○中国人民の政府から賜りし「大紅袍」


4月9日(日)

○こんな紅茶もできるんですか!「豊橋紅茶・やえほ」(日本)

○陸羽の「茶経」に登場、歴史的名茶「陽羨茶」ついに登場(江蘇省)

○岩茶「水仙」2種の飲み比べ。名人劉宝順さん対「君の名は?」


【お申込み・お問い合わせ】        

岩茶房丹波ことり

tel・fax  079-556-5630

11-18時(水・木休)

mail  tanba@kotori-gancha.com



















.









[PR]
by kotoriblog | 2017-01-19 20:41 | お知らせ | Trackback