<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ササヤマルシェ、今年も出店いたします


d0293004_21473957.jpg


d0293004_2148730.jpg


2016年今年は、
11月3日(木祝)~6日(日)の4日間。
岩茶房丹波ことりは全ての日に
出店いたします。


会場は例年通り、河原町妻入商家群一体で、今年も多数の出店で賑やかになりそうです。


私たちは、看板メニューの皮から手作り豚まんをはじめ、
オリジナルのマーラーカオや、焼き菓子色々…そしてそれに合わせ、
美味しい岩茶をご用意します。

今年は初めて水餃子もご用意できれば!と考えています。
はふはふ、フーフー♪♪♪

ほかほかの豚まんや水餃子で、心もお腹も一杯に満たしてもらえたら嬉しいです。
その他にも、2016ササヤマルシェ限定のお楽しみメニューを鋭意製作中です!お楽しみに。

当日はくれぐれもお腹をすかせてお越し下さいね!


ササヤマルシェの4日間は、篠山城のお堀端の茶房の方も通常通り、
11時~夕方6時まで営業します。


d0293004_21485238.jpg


例年茶房とササヤマルシェ両方を楽しんで下さるお客様もあり、
どちらも精一杯ご用意するよう頑張ります。
昨日と〜っても素敵なフライヤーが、事務局から届きました。
すぐに店内に掲出して、店頭でお客様へお渡しもしていますので、詳しくはお尋ねくださいませ。


……余談ですが、ここで豚まんについて少しお話したいと思います。

良い材料をシンプルに用いた当店の豚まんは、毎回少量ずつ全てを手作りしております。
生地を手でこね、発酵させて、空気を抜いてじっと待ち、そして切り分け丸めます。
篠山のお肉屋さんに毎朝挽いてもらう豚肉を調味料と合わせ、丸めた生地で包みます。

そしてまたじっと待ち、タイミングをよ〜く見て、いよいよ蒸篭で蒸しあげます。

ピピピピ〜!

タイマーが鳴るとハイ!出来上がりです。

蒸し加減もその都度調整します。

大成功!となれば大喜び、あれれ?どうして?と悲しいこともあります。

豚まんなどの発酵生地には、気候や温度変化、水分量などその日の状況に応じて、
日々微調整工夫を重ね細心の気を遣っております。

そんな繊細な過程を経て、無事にふかふかと蒸しあがる豚まんを見る時は、
スタッフ皆嬉しさ溢れ同時に大きな笑顔がこぼれます。
毎日毎日の繰り返しでも、成功すれば毎回本当に幸せな気持ちになるんです。


d0293004_21493360.jpg


そんな歓び〜ヨロコビ〜をみなさまにも感じてもらえるように、
これからササヤマルシェに向けても、一つの工程ごとに心を込めて大切に作ります。


今年もご来場、楽しみにお待ちしております。



岩茶房丹波ことり
スタッフS



岩茶房丹波ことり
079-556-5630
11:00a.m.〜6:00p.m.(水、木定休)
web http://kotori-gancha.com



































.
[PR]
by kotoriblog | 2016-09-25 21:40 | お知らせ | Trackback

丹波 柴田雅章 作陶展

d0293004_21273730.jpg

会期:9月14日(水)~20日(火)
会場:阪急うめだ本店7階美術画廊

※最終日は午後6時終了

丹波の作陶家柴田雅章さんの
個展のお知らせです。



以下、柴田さんの案内状より引用

【社会は今、人間にとって危うい方向に大きく変化している様に思います。
その中にあって私達は、自身の足下を見つめ確かな暮らしを心がけるこのが大切だと思っています。
暮らしの中で、日々変わることなく喜びを感じて使って頂けるものが出来たらと念じつつ仕事をしています。まだまだ暑さの残る中ではありますが、是非ご来場下さいますようご案内申し上げます。柴田雅章】



岩茶房丹波ことりで使っている器のほとんど全ては柴田雅章さんの作品です。
柴田雅章さんの言葉にある

『暮らしの中で、変わることなく喜びを感じて使えるもの』

私達は毎日、岩茶を淹れる時、お料理を提供する時、お花を活ける時、
様々な暮らしの場面でこの言葉を実際に体感しています。

先日は、京都桂離宮近くにある『隆平そば』へ、スタッフ皆で行ってきました。
隆兵そばさんでは柴田さんの作品が沢山使われているのです。

隆兵さんのお人柄お料理の腕前に、柴田さんの器はさりげなく寄り添ったり、
時にかっこよく存在を際立たせたりと、双方のエネルギー溢れる素晴らしいコラボレーションでした。

隆兵そばさんは、随所に清々しい空気の通る素晴らしいお店。本当におすすめです。
こうして使ってみてこそ良さが際立つ柴田雅章さんの器、
百貨店の画廊ではかっこよくディスプレイされよそ行きの面持ちですがそれもまた良し。
是非お出かけくださいませ。

ことりスタッフは揃って初日一番に出かけます。
詳しくは、岩茶房丹波ことりに案内状がありますので、何時でもお問い合わせください。

それでは、阪急百貨店てお目にかかりましょう(*^^*)


岩茶房丹波ことり
0795565630

































[PR]
by kotoriblog | 2016-09-04 21:32 | お知らせ | Trackback